PICK UP!

”甲子園球場”で熱気を感じよう

”甲子園球場”で熱気を感じよう

大阪といえば甲子園球場です。熱気にゆれる甲子園球場でアルバイトをすれば、最高の思い出が作れますよ。

土地柄の魅力を知ろう

豊臣秀吉時代に日本の中心となった大阪。都が江戸に移った後も、天下の台所として独自の文化を築き上げてきました。今でも西の都として、独特な魅力を放っています。大阪といえば吉本興業のお笑いのイメージが強いと思いますが、実際、大阪の人々は普通に日常の中でボケとツッコミを使いこなしながら生活しています。大阪の人々の人柄と性格的な魅力がそのまま大阪という町の魅力を形成する大きな要素です。大阪人の気質を語らずに、大阪の魅力を語ることはできません。

”天下の台所”の歴史を学ぼう

大阪は気候にも恵まれた土地にあるため、3万年以上も前から人類が生活を始めています。縄文時代、弥生時代を経て大化の改新を迎えると、大阪に天皇が住む都が出来るなどついに日本の中心都市になりました。戦国時代に豊臣秀吉が大阪城を築城したくさんの商人が集められると、大阪は政治と経済の街として発展していきます。江戸時代には「天下の台所」と呼ばれる日本一の商業都市になりました。明治維新後には工業都市に生まれ変わり、現在も世界的な大都市へと発展を続けています。

詳しくはこちら

大阪人の性格は解りやすい

大阪人に共通するいくつかのイメージがあります。そしてそのイメージは本当だったりします。人懐こくて初対面の人でも昔からの友達のように話しかけてくるというのも本当です。また東京や日本の他の都市に対してライバル心を持ち、大阪が一番だという発言をするのも本当です。それは日本だけにとどまらず世界を相手にしても変わりません。会話が漫才師みたいにボケとツッコミでできているというのも本当です。普段の会話を聞いているだけでも周囲を楽しくさせるのは大阪人の得難い才能のひとつでしょう。

詳しくはこちら

関西弁の起源とは

関西弁は、関西地方から中国地方一帯の広い地域の人たちが使う言葉の総称だといわれています。そもそも関西弁は京都の「御所言葉」から生まれたもので、各地方に伝わる過程で地方ごとの色がついて行ったそうです。大阪弁は大阪が商人の街でしたので、商売がしやすいような言葉遣いに変化したといわれています。断定的な返事をせず上手くはぐらかすことができる言葉になっています。関西弁を話す人は関西弁に敏感なので、言葉遣いを聞いただけでどの地方出身者か解ります。そのためエセ関西弁もすぐに見破られてしまうのです。

詳しくはこちら

外国人客に人気なスポットとは

海外から大阪に訪れる観光客に人気の観光スポットがあります。まずは難波千日前の「黒門市場」です。日本らしい雰囲気が味わえることとフグなどの珍しい食材を安く食べられことなどが人気につながっています。またコロッセオやサクラダファミリアと並び称される世界的な建築物「梅田スカイビル」も人気です。イギリスで「未来の凱旋門」と評されたことで人気に火が付きました。観光名所の定番「大阪城」も人気です。忍者や侍などの文化に興味がある海外の観光客が喜んで訪れています。

詳しくはこちら

大阪人の常識を紹介します

ページTOPへ