PICK UP!

”甲子園球場”で熱気を感じよう

”甲子園球場”で熱気を感じよう

大阪といえば甲子園球場です。熱気にゆれる甲子園球場でアルバイトをすれば、最高の思い出が作れますよ。

関西弁の起源とは

関西弁の起源とは

1度聞いたら覚えてしまうとても印象的な関西弁ですが、関西弁を話す地域はどのくらいの範囲に渡るのでしょうか。また関西弁と大阪弁に違いはあるのでしょうか。大阪で暮らすことになる前に、大阪弁の成り立ちについて知っておくと良いでしょう。

関西弁の範囲

東京に住んでいる人からすると大阪や京都の人が話す「関西弁」はかなり独特で、方言の中でもひときわ濃い存在に映ります。一口で関西弁といいますが、いったいどのくらいの地方の言葉を表しているのでしょうか。
一般的には関西弁という言葉には、関西地方から中国地方あたりまでの言葉全般を含んでいるといわれています。ただし関西弁を使っている地域の言葉の差はかなり大きく、京都から大阪、和歌山あたりの地域は関西弁らしい関西弁で、三重や兵庫、福井といった地域は関西弁ではありながら少し様子が異なるといわれています。
また関西弁とひとくくりにするのではなく、大阪弁・京都弁・神戸弁など各地方の言葉を分けて分類する向きもあります。関西弁を使う地方以外の人にはその違いは良く分かりませんが、関西の人々にはその違いが良く分かります。少しのニュアンスの違いから「大阪の人だ」「京都の人だ」と見分けが付くため、会話を少しすることで出身地がすぐに理解できるという側面もあります。

大阪弁の成り立ち

関西弁はそもそも京都の「御所言葉」から生まれたといわれています。御所言葉とは京言葉とも呼ばれ、女性らしく優雅で直接的な表現を好まない婉曲的な言葉遣いが特徴です。この言葉が大阪地方に伝わっていくとともに、地域性が出て変化が生まれていきました。それが現在の大阪弁のもとになっています。
大阪は天下の台所と呼ばれるほど昔から商人がたくさん住む街です。商売を上手にするために、言葉が独特の変化を遂げていったといいます。断定的な返事をせずに上手にはぐらかすことができる言い回しもそのひとつです。また標準語以上に尊敬語や謙譲語が階級の分別がしやすくなっているのも特徴です。上の人に対して敬語を使うだけでなく、同じくらいの立場の人に対する言葉、目下の人に対する言葉まで使い分けるのは大阪弁ならではかもしれません。

すぐにばれる「エセ大阪弁」

大阪弁は流暢でリズミカルで聞いていて楽しい言葉です。そのため大阪弁を話す人たちに囲まれるとつい自分も大阪弁を使ってみたい衝動にかられます。例えば飲み会などで大阪出身の人が2人以上いると飲み会の席に大阪弁が飛び交います。楽しくなって自分も同じように大阪弁をしゃべってみると、大阪出身の人達に怪訝な目で見られてしまう…こんな経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。
先述したとおり大阪弁のみならず関西弁を操る人たちは、言葉の微妙なニュアンスの差で関西地方のどの地域の出身者かどうかまで瞬時に見抜くことができます。関西地方出身でない人の「関西弁もどき」の言葉は、どの地方にも属さない言葉であることがすぐに分かりますので、怪訝な表情に繋がってしまうのです。関西人を目の前にしてエセ関西弁を使うのは控えたほうが良いでしょう。

大阪人の常識を紹介します

ページTOPへ